白梅学園大学/白梅学園短期大学

家族・地域支援学科

sub-family-top_mv.jpg

 

 

家族・地域支援学科 新着情報

 

 

子どもと 家族、地域 をつなげる、福祉・支援のプロになる

 

家族・地域支援学科では、社会福祉の学びを基礎として、子どもをめぐる環境や家族、地域、学校等におけるさまざまな問題・課題について理解を深め、困難な状況に置かれている子どもや日常生活を営んでいく上で支障ある障害者、高齢者らを支援できる能力や技術の修得をめざします。それらの学びを通して、子ども家庭福祉、障害者福祉、高齢者福祉、地域福祉、学校教育などの分野で活躍できる人材を養成します。

 

 

univ_bnr03.jpg

 

 

家族・地域支援学科の特徴

 

sub-family-top_h2-01.png

 

~社会福祉の制度や仕組みを理解する~

家族や地域の支え合う関係が希薄になりつつある現在、現代社会が抱える問題や課題について理解を深めていきます。社会福祉の歴史や制度、新しい支援の仕組みづくりなど、福祉の理論と実践方法を学び、一人ひとりが尊厳を持って豊かに生きていくための社会のあり方について考えていきます。

sub-family-top_h2-02.png

 

~より幅広く、高度な援助の力を身につける~

困難を抱えた人をサポートする仕事としてソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とケアワーク(介護福祉援助技術)があります。この2つの援助技術について理論的、実践的に学びます。関連ある2つを並行して学ぶことにより、介護学を身につけたソーシャルワーカー(社会福祉士)、マネジメント力を備えた介護福祉現場のリーダーをめざします。

 

sub-family-top_h2-03.png

 

~地域の課題を知り、地域づくりを考える~

人びとの生活基盤である地域社会の現状を知り、地域が抱える問題や課題について理解を深めていきます。地域の問題解決に取り組むコミュニティワーク(地域支援の技術)や福祉制度の向上をめざすソーシャルアクション(社会的活動)など、多様な地域支援の方法を学び、皆が生き生きと暮らせる地域づくりをめざします。

 

sub-family-top_h2-04.png

 

~子どもの問題を幅広い視点でとらえる~

いじめや不登校、児童虐待、子どもの貧困、教育機会の不平等など、子どもたちをめぐる問題は複雑・多様化しています。これらの問題を家庭、学校、地域と幅広い視点から考えていきます。児童ソーシャルワーク、スクールソーシャルワーク、小学校教育などを学び、福祉と教育の両面からの支援について理解を深めます。

 

sub-family-top_bnrmenu01.png

 

sub-family-top_bnrmenu03.png

 

sub-family-top_bnrmenu02.png

 

sub-family-top_bnrmenu04.png

 

 

キャリア支援と進路

 

めざす資格・免許

 

sub-family-top_img01.jpg

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • 小学校教諭1種免許状(*子ども学科の所定科目を履修することにより取得)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • スクールソーシャルワーカー教育課程修了証

※介護福祉士(国家試験受験資格)と小学校教諭1種免許状の同時取得はできません

資格ガイド

 

資格・免許の取得モデルと想定される卒業後の進路

 

<モデルI> 社会福祉の理論や実践方法などを学ぶことにより、子ども、障害者、高齢者、生活困窮者等を含め、すべての人が安心して、その人らしい暮らしを営むことができるよう、地域社会に密着して活躍する福祉の専門家を養成。

 

 

 

<モデルⅡ> 高いレベルの生活支援に関する理論と技術を学ぶことにより、日常生活に支障をきたしている人でも不安なく暮らしていくことができるよう援助し、家庭や地域の課題を解決していく専門家を養成。

 

 

 

<モデルⅢ> 社会福祉(ソーシャルワーク)と介護福祉(ケアワーク)の双方を学ぶことにより、障害者や高齢者など日常生活上、支障をきたしている人への直接的な介護支援から相談援助まで、幅広い力を兼ね備えた福祉人材を養成。

 

 

 

<モデルⅣ> 社会福祉(ソーシャルワーク)と学校教育を学ぶことにより、福祉と教育が深く交わったサポートのあり方を探求し、福祉と教育の両面から支援できる人材を養成。

 

 

進路・就職実現にむけたサポート

 

専門知識と技術を修めた学生が、自分の適性を見極めた上で、希望の進路に確実に進み、その後、社会で活躍できるように教職員が一丸となって、対話重視の進路指導と就職支援を行っています。

 

[Point1] ~希望を聞きながら、きめ細かなアドバイス~

 

sub-childcare-top_img01.jpg進路指導課のスタッフが求人紹介や職種ごとの就職試験対策など、できる限りの時間を使ってマンツーマンでサポートしています。

さらに教員は進路希望調査後、各学生と個人面談を行い、一人ひとりの個性や適性を踏まえてアドバイス。学生との対話を重視しながら、教職員が三位一体となって内定までをサポートしています。

 

 

[Point2] ~手あつい面接対策講座や各種の試験対策講座~

 

sub-childcare-top_img02.jpg学科・学年を問わず参加することができる進路ガイダンス。また、履歴書やエントリーシートの書き方、面接時の留意ポイントなどをはじめ、公務員試験対策や小学校教員試験対策、企業志望者向けの試験対策など、職種に合わせた様々な対策講座を開講しています。

 

 

 

 

[Point3] ~キャリアアドバイザー・カウンセラーを配置~

 

sub-childcare-top_img03.jpg学 生ポータルサイトを構築して、求人をはじめとする情報を学生に迅速に提供するなど、適切な時期に効果的な就職活動を行える環境を整えています。また、「進 路を決めかねている」「就職活動の仕方がわからない」など、学生が抱える悩みや相談に対し専門家がアドバイスを送る、キャリアアドバイザー・カウンセラー も配置しています。

 

 

 

sub-family-top_bnrmenu05.png

sub-family-top_bnrmenu06.png

 

 

pagetop