白梅学園大学/白梅学園短期大学

子どもの幸せと笑顔につながる。
「保育の白梅」へようこそ。

50 年以上もの歴史と実績を持つ白梅学園短期大学のめざす保育者とは、確かな知識や技術を持ちながら人を温かく愛し、向上心を忘れないヒューマニズム精神あふれる人材です。
子どもの心と成長に寄り添って、幸せと笑顔の数を増やしていきたい。
そんな夢の実現に向けて、ぜひ、白梅で新しい一歩を踏み出してください。


保育科 子どもと心でつながる、人間力のある保育者になる

 

top_img_depInfo01.jpg短期大学2年間の学びで、さまざまな分野の知識を得て教養を高めるとともに、保育・幼児教育に関する専門的知識や技能を習得していきます。

充実した実習や学生自らが主体的に関わる「子育て広場」を通して実践的に学びを深め、演習授業や1年次後期からのゼミナールで専門性を高めていきます。

保育士資格と幼稚園教諭免許状の2つを取得し、卒業後すぐ現場で実力が発揮できる"理論に裏づけられた即戦力"をめざしていきます。

詳しくはこちら

 

建学の理念および教育目的

 

本学は、人間を愛し、人間の価値を最高度に実現しようとするヒューマニズムの精神を建学の理想としている。 本学はこの建学の理想にもとづき、日本国憲法および教育基本法の精神の実現につとめ、社会の発展と人類の福祉に寄与する人材を育成することを目的とする。

 

 

本学のめざす人間像

 

本学のめざす人間像はつぎのとおりである。

 

  1. 自分と他人を大切にし、人類愛にみちた人間。
  2. 主体的に判断し、行動し、その結果に責任をもつ人間。
  3. 知的な探究心にみち、論理的に考え、生涯学びつづける姿勢をもつ人間。
  4. 美しいものに感動する心をもち、新鮮なおどろきを感じられる人間。
  5. 仲間と協力して、民主的で平和な社会をつくり、新しい文化を創造する人間。

教育目標 Educational purposes

 

白梅学園短期大学保育科は、建学の理念であるヒューマニズムの精神に基づき、保育・幼児 教育と子どもを取り巻く家族や現代社会に関する理解を深め、子どもの権利を尊重し、現代社会において子どもの健やかな成長・発達とその家族を支援するため に、豊かな人間性と確かな専門的力量を身につけた人材を育成することをめざしています。
そこで科学的認識に基づく新しい保育理論と技能をバランスよく学び、保育士資格および幼稚園教諭2種免許の取得を可能にするカリキュラムを配置しています。

 

授業構成について Curriculum policy

 

[教養教育科目]

建学の理念であるヒューマニズムの精神を学ぶための科目をはじめ、自らの人間性や世界観を深めるよう科目を設置し、学生自身の希望により選択学習ができるようにしています(白梅学園大学との単位互換制度により、子ども学部の教養教育科目の履修も可能です)。また、教養教育科目としてはめずらしい実践科目「地域子育て支援演習」を設け、子どもや家族をめぐる状況を理論的に学ぶとともに、「子育て広場」の企画・運営を実践的に学ぶことができます。

 

[専門教育科目]
「自ら考え、行動できる保育者を育成するため」理論と実践をバランスよく学ぶことができるよう以下の科目を設置しています。

 

  1. 保育や幼児教育の目的や子どもを取り巻く現代社会の状況について学ぶ科目
  2. 保育や幼児教育の対象となる子どもと家族について理解を深める科目
  3. 保育・幼児教育を実践するための方法や技術を習得するための科目
  4. 保育・幼児教育をめぐる諸問題について論理的に考え表現する方法を習得するために必要な科目
  5. 保育・幼児教育について保育の現場で実践的に学ぶことができる科目

育てたい学生像 Diploma policy

 

 

  1. 子どもの成長と発達について、確かな知識を習得している。
  2. 子どもと家族についての確かな知識を習得し、保育・幼児教育を実践するための技術を習得している。
  3. 子どもや家族をめぐる諸問題に対して、ヒューマニズムの精神に基づく自分なりの考えを持ち、それを表現し、行動することができる。

入学者に求める学生像 Admission Policy

 

保育科の求める学生像は次のとおりです。

 

  • 保育士および幼稚園教諭の職に就くことを強く希望し、その意志を持ち続けることのできる人
  • 高等学校等での国語等の基礎学力があり、十分な保育実践力を身に付けようとする意欲にあふれる人
  • 子どもを人間として尊重し、ともに成長しようとする人

 

 

 

 

 

pagetop