白梅学園大学/白梅学園短期大学

自己点検・評価

自己点検・評価

 

本学では、学則に基づき定期的に教育・研究・運営等について点検・評価を行い、その結果について報告書作成し外部へ公表をしています。

 

 

 

 

 

 

認証評価

 

  • 白梅学園大学
    2010(平成22年度)日本高等教育評価機構の第三者評価を受け、基準を満たしているとして認定されました。
    評価報告

 

  • 白梅学園短期大学
    2014(平成26年度)短期大学基準協会の第三者評価を受け、「適格」と認定されました。
    機関別評価

 

白梅学園大学・白梅学園短期大学の取組

 

  • FD(Faculty Development)
    本学では学則に基づき、授業内容、及び方法の改善に向けた取り組みを行っています。FD委員会では授業アンケート結果をもとに学内教員検討会を開催したり、授業アンケートの結果をどのように活用しているのか、教員の研修のあり方について話し合いをしています。また研修会等の実施をしています。

 

  • 授業アンケートの実施

    本学では原則すべての授業科目について、前期・後期それぞれの期間内に授業アンケートを実施し、授業方法の改善に取り組んでいます。


    授業アンケートの実施内容

    • 2002年度後期から 短期大学で授業アンケートを実施。
    • 2005年度から 大学・短期大学でゼミナールを除く全ての科目に対して実施。2015年度からは、原則すべての授業科目について実施。
      • 前期1回、後期1回(全15回授業の10回終了時以降に実施)
      • アンケート結果については担当教員に返却、担当教員からコメントを回収。
    • 後期終了後に学生へ前期後期の集計結果とFD委員会からのコメントを学生に配布。

 

授業アンケートの学生への報告

2007年度(PDF)

2008年度(PDF)

2009年度(PDF)

2010年度(PDF)

2011年度(PDF)

2012年度(PDF)

2013年度(PDF)

2014年度(PDF)

2015年度(PDF)

 

 

  • 学生生活アンケート
    学生生活の充実をはかるために、全ての学生を対象としてアンケートを実施しています。集計結果を学内にて公表しています。

 

pagetop