白梅学園大学/白梅学園短期大学

【大学】各教員ページ

子ども学科

本山 方子 教授

 

Motoyama.jpg

出身大学・大学院

武蔵野音楽大学大学院
東京学芸大学大学院
お茶の水女子大学大学院
白梅学園大学大学院

専攻分野(研究課題)

教育学 教育心理学

 

学位

博士(子ども学)

 

主な担当講義

教育の方法 教育心理学

 

 

現在の研究テーマ 教育・保育実践における「学習」の生成と活動デザイン
研究キーワード 学習 活動デザイン 教育・保育実践 フィールド研究 初等教育論
主な論文・著作・研究業績 〔著書〕

・『育てたい子どもの姿とこれからの保育』ぎょうせい,共著,2018年

・『10の姿プラス5・実践解説書』ひかりのくに,共著,2018年

・『新幼稚園教育要領ポイント総整理:幼稚園』東洋館出版社,共著,2017年

・『奈良市立こども園カリキュラム:バンビーノ・プラン』奈良市子ども未来部,監修,2015年

・『物語りと共約幻想(質的心理学フォーラム選書)』新曜社,編者,2014年

・『インタビューという実践(質的心理学フォーラム選書)』新曜社,編者,2014年

・『フィールド心理学の実践:インターフィールドの冒険』新曜社,共著,2013年
〔論文〕

・「授業実践の複雑性における相互作用の文脈化と学習の生成」『奈良女子大学文学部研究教育年報』,2017年

・「学校教育における「学びの自己組織化」:奈良女子大学附属幼稚園・小学校の交流活動から」『学習研究』,2012年
所属学会・社会的活動

・日本教育心理学会

・日本発達心理学会

・日本質的心理学会

・日本教育工学会

・日本保育学会

・日本乳幼児教育学会

・日本心理学会

・日本臨床政治学会
趣味・特技
受験生・学生へのメッセージ 学校や園、地域コミュニティなど人が育つ現場に出かけ、活動する姿や経験談を記録し、学習と発達の相互性を研究しています。様々な現場での出会いや対話に発見があります。自らの思い込みを反省し、柔軟な発想で思考すると、生きる世界の見え方、関わり方が変わります。
pagetop