白梅学園大学/白梅学園短期大学

【大学】各教員ページ

発達臨床学科

鬼頭 七美 准教授

 

kito.png

出身大学・大学院

日本女子大学大学院

専攻分野(研究課題)

日本近代文学

 

学位

博士(文学)

 

主な担当講義

文学、国語

 

 

出身地 東京都
現在の研究テーマ 明治期の新聞小説、ジェンダー論、メディア論
研究キーワード 新聞小説、ジェンダー論、メディア論
主な論文・著作・研究業績

〔著書〕

・『日本女子大学に学んだ文学者たち』(翰林書房、共著、2004年)

・『明治女性文学論』(翰林書房、共著、2007年)

・『『青鞜』と世界の「新しい女」たち』(翰林書房、共著、2011年)

・『「家庭小説」と読者たち―ジャンル形成・メディア・ジェンダー―』(翰林書房、単著、2013年)

 

〔論文〕

・「家政学という場―成瀬仁蔵、リベラル・アーツ、女子教育―」(「日本女子大学総合研究所紀要」第8号、2005年)

・「差別と棄民の政治学―紫琴「移民学園」に関する補論―」(「慶應義塾志木高等学校研究紀要」第38輯、2008年)

・「長谷川時雨『近代美人伝』という書物―虹と裸婦と明治の芸妓―」(「論樹」第23号、2011年)

・「日蝕と月の女―新聞小説としての『婦系図』―」(「国文目白」第54号、2015年)

「「装飾ある社会」の彼方―永井荷風『地獄の花』のジェンダー的読解―」(「白梅学園大学・短期大学紀要」第53号、2017年)

 

〔その他〕

・[新刊紹介]奥山文幸著『宮澤賢治論 幻想への階梯』(日本社会文学会「社会文学」第42号、2015年)

・[書評]宮澤隆義著『坂口安吾の未来 危機の時代と文学』(日本文学協会 「日本文学」第64巻第11号、2015年)

・『漱石辞典』小森陽一他編(翰林書房、2017.5.24)

所属学会・社会的活動

日本近代文学会

日本文学協会

日本児童文学学会

昭和文学会(会務委員)

日本社会文学会(編集委員)

坂口安吾研究会

横光利一文学会
趣味・特技 演劇鑑賞、歌舞伎鑑賞
受験生・学生へのメッセージ 大学生の間に、子どもにとって、また自分にとって、かけがえのない小説/物語を1冊、是非、見つけて欲しいと思います。
pagetop