白梅学園大学/白梅学園短期大学

【大学】各教員ページ

発達臨床学科

福丸 由佳 教授

 

fukumaru.jpg

出身大学・大学院

慶応義塾大学法学部

日本女子大学人間社会学部
お茶の水女子大大学院人間文化研究科

 

専攻分野(研究課題)

家族心理学、臨床心理学

 

学位

博士(人文科学)

 

主な担当講義

臨床心理学概論、社会・集団・家族心理学

 

 

現在の研究テーマ

家族関係の支援に向けたプログラムの実施と効果研究

研究キーワード

家族関係、家族支援、CAREプログラム、離婚・再婚、トラウマインフォームドケア

主な論文・著作・研究業績

〔著作〕
・『乳幼児を持つ父母における仕事と家庭の多重役割』風間書房 単著 2003年
・『よくわかる心理学』ミネルヴァ書房 共編著 2009年

・『発達の理解と保育の課題』同文書院 共著 2010年

・『親密な人間関係の臨床心理学』金子書房 共著 2011年

・『家族心理学ハンドブック』金子書房 共著 2018年

・『生活の中の発達ー現場主義の発達心理学』新曜社 共著 2019年

・『子ども家庭支援の心理学』北大路書房 共編著 2020年


〔論文〕
・「共働きの世帯の夫婦における多重役割と抑うつ度との関連」家族心理学研究 2000年
・「妊婦期の妻を持つ夫の仕事役割状況と妻へのサポート関連」母性衛生 2006年

・「離婚を経験する移行期の家族への心理教育」家族心理学年報 2013年

・「被虐待児への治療的アプローチ」児童青年精神医学研究 2013年

・「育て、育てられ、育ちあうことー家族心理学の視点からー」交流分析研究 42(1) 21-25 2017年

・「里親向け研修におけるCAREプログラムの効果の検討ー里子と里親の関係作りに向けたペアレントプログラムの実践ー」

 白梅学園大学・短期大学紀要 第54号 55-68 2018年

・「家族関係における夫婦の葛藤、親子の葛藤」子どもにとっての親の離婚、子ども学

 白梅学園大学子ども学研究所編 87-106 萌文書林 2020年

所属学会・社会的活動

日本発達心理学会
日本心理臨床学会
日本家族心理学会

日本心理学会
日本家族研究・家族療法学会

日本離婚・再婚家族と子ども研究学会

東京都臨床心理士会

公認心理士協会

家族心理士・家族相談士資格認定協会

CARE-Japan

PCIT-Japan
American Psychological Association

趣味・特技

スポーツ観戦・パン焼き

ホームページ  
受験生・学生へのメッセージ

 身近なことに興味・関心を持ち続けてください。心理学の学びの中で何か結びつく瞬間があるはずです。一緒に考えましょう。

pagetop