白梅学園大学/白梅学園短期大学

【大学】各教員ページ

家族・地域支援学科

森山 千賀子 教授

 

森山千賀子.png

出身大学・大学院

立正大学文学部社会学科
東洋大学大学院  福祉社会デザイン研究科

 

専攻分野(研究課題)

介護福祉学(地域ケア)

 

学位

博士(社会福祉学)

 

主な担当講義

ヒューマニズム論(基礎)、高齢者福祉、現代家族論

専門ゼミナールⅡ

世代間交流論・演習、介護総合演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、介護実習

 

 

 

現在のテーマ 介護の質、介護者支援、地域ケア、介護労働、世代間交流
研究キーワード 介護の質、ローカル言語、介護者(ケアラー)支援、世代間交流
主な論文・著作・研究業績

〔著書〕
・『自立(律)性を高めるための援助の視点』共著 萌文社 2007年

・『介護の質「2050年問題」への挑戦―高齢化率40%時代を豊かに生きるために』編著 クリエイツかもがわ 2012年

・『子ども・家庭・地域が変わる 家庭訪問型子育て支援ハンドブック』編著 明石書店 2013年

〔論文〕
・「社会的ネットワークとソーシャルキャピタル-東京都小平市における研究」共著 『白梅学園大学・短期大学紀要』第45号 2009年
・「韓国の「介護保険」始動時における介護の担い手養成に関する研究-家庭奉仕員・療 養保護士・看病人の教育内容からの一考察-」単著『白梅学園大学・短期大学研究年報』第15号 2010年
・「在宅福祉における多様な担い手づくりの検討-韓国の家庭奉仕員派遣事業の変遷過程からの一考察-」『白梅学園大学・短期大学紀要』第48号 2012年

・「イギリスとフィンランドの介護者支援策―日本が学べる点を検討する」『白梅学園大学・短期大学 研究年報』第17号 2012年

・「フィンランドにおける外国人介護人材の教育・訓練に関する考察―社会的包摂を視点にした移民政策」共著『白梅学園大学・短期大学紀要』第50号 2014年

・「介護者支援のための新たな視座の考察―ケアの論理を手がかりにして―」単著『研究年報』第19号 2014年

・「日本の家族介護における家族の政策的位置づけの変遷―老人福祉法の成立期から10年毎区分の整理を通して―」単著『福祉図書文献研究』第13号 2014年

・「地域包括ケアの中の家族介護者支援-Kケアチームの実践事例から支援内容の概念化を試みる」『白梅学園大学・短期大学 研究年報』第21号 2016年

・「介護者の集いの場における多様な介護者への支援プロセス―集いの場の運営スタッフへのインタビュー調査から―」『介護福祉学』Vol,26-2 2020年

〔報告書〕

・「グローバル化時代における高齢者介護の質とローカル言語に関する研究―介護人材の育成策と就労をめぐる課題に対する日・韓・芬比較―」『科学研究費助成研究報告書』東京コロニー印刷 2015年3月

・「社会的包摂を視点とした介護労働力の政策化とキャリア形成に向けての国際比較研究」『科学研究費助成 研究成果報告書』2018年3月

・「ケアを担う子ども(ヤングケアラー)についての小平市調査(報告書)―公立小中学校の教員を対象としたアンケート調査―報告書」 2018年3月 2020年3月

〔テキスト〕

・介護福祉士養成実務者研修テキスト第2巻『介護の基本Ⅰ・Ⅱ』(二訂版) 財団法人長寿社会開発センター 2019.2

・『社会福祉士シリーズ第13巻 高齢者に対する支援と介護保険制度』(第5版改訂)「死と終末期ケア」弘文堂 2019.3

所属学会・社会的活動

・日本社会福祉学会

・日本介護福祉学会

・日本介護福祉教育学会

・日本福祉図書文献学会

・日本世代間交流学会

・日本子ども虐待防止学会

・日本介護福祉士会

・日本社会福祉士会

・社会福祉法人サンフレンズ理事

・一般社団法人地域ケア総合評価機構 代表理事

・NPO法人第2こだま小規模多機能サービスやまびこ 運営推進会議委員

趣味・特技 新体操、鉄道好き、観劇
受験生・学生へのメッセージ 最初は不安ですが、何事も好奇心・探究心をもって一歩前進してみましょう。素敵な出会いや知見が得られると思います。
pagetop