白梅学園大学/白梅学園短期大学

【大学】各教員ページ

発達臨床学科

佐久間 路子 教授

 

佐久間路子.png

出身大学・大学院

東京女子大学
お茶の水女子大学大学院

 

専攻分野(研究課題)

発達心理学

 

学位

博士(人文科学)

 

主な担当講義

保育内容(人間関係)

 

現在の研究テーマ

子どもの自己理解や心の理解の発達

研究キーワード

自己 心の理論

主な論文・著作・研究業績

〔著書〕
・『乳幼児のこころ』 有斐閣 共著 2011年
・『生活のなかの発達ー現場主義の発達心理学』 新曜社 共著 2019年
・『公認心理師カリキュラム準拠 発達心理学』 医歯薬出版株式会社 共著 2020年
・『子ども家庭支援の心理学』 北大路書房 共著 2021年
・『イラストBOOK たのしい保育 子どもの「こころ」をのぞいてみる』 ぎょうせい 共著 2021年

 

〔論文〕
・「子どもの「他者から見た自己」に関する理解の発達」『乳幼児教育学研究』2002年
・「乳幼児期の社会情動的発達研究の動向と今後の展望:保育・幼児教育との関わりから」『教育心理学年報』 2007年
・「児童期中・後期における自己の評価的側面の発達:コンピテンスとの関連に着目して」『白梅学園大学・短期大学紀要』 2013年
・「コミュニケーションロボットとの関わりの現状と課題-否定的意識に着目して-」『白梅学園大学・短期大学紀要』2018年

所属学会・社会的活動
・日本発達心理学会
・日本教育心理学会
・日本心理学会
・日本乳幼児教育学会
・日本保育学会
・日本質的心理学会
・日本臨床発達心理士会
・日本子ども社会学会
・日本家政学会

・一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構広報委員
・一般社団法人日本発達心理学会代議員
趣味・特技

高校まではバスケットボール、大学ではゴルフをしてました。

ホームページ  
受験生・学生へのメッセージ

 子どものなにげない行動やことばなどに対して、素朴な関心を持って研究を進めたいと思っています。
 子どものかわいさ、不思議さ、おもしろさを、授業やゼミを通して考えていきましょう。

pagetop