白梅学園大学/白梅学園短期大学

ゼミナール紹介

専門ゼミナール

 

3年次になると専門ゼミナールがスタートし、福祉のさまざまな分野をより一層深く探究していきます。そして4年次には、学びの集大成として卒業論文に取り組みます。

教員との距離が近く、かつ、学生同士が切磋琢磨できる少人数制の専門ゼミナールは、専門の学びを深める場であるとともに、相互の交流や親睦を深める場でもあります。

 

sub-f_seminar1_1.jpg

 

 

子育て支援から高齢者介護支援まで、誰もがよりよく豊かに暮らすための実質的な支援方法や、家族・地域・社会をつなぐ協働のネットワークづくりについての理解を深めます。地域社会で暮らすさまざま人たちとの関わりを通して、受容力・観察力・洞察力・判断力・コミュニケーション力を養い、身につけてほしいと思います。

 

 

sub-f_seminar1_2.jpg

 

 

私がゼミで研究していたテーマは「高齢者にとって最適な住環境」についてです。自治体では住宅改修サービスを実施していますが、その支給額20 万円の中でどこまでバリアフリー環境を整えることができるのかを調査。また、バリアフリー依存で起こる身体低下への影響についてもアンケートを実施し、その結果を子ども学会で発表しました。

※掲載内容は、取材当時の情報です。

 

 

 

主なゼミナールテーマ

 

  • 子ども・家族が抱える生活問題と児童福祉の制度・政策/井原哲人 准教授
  • ケアラー(家族介護等)支援や介護福祉に関する研究/午頭潤子 講師
  • 医療ソーシャルワーカー(MSW)になるためには/杉本 豊和 教授 
  • 子育て中の家族を支えるしくみについて考える/田中真衣 講師
  • 精神障害者の地域生活支援に関する研究/土川洋子 教授
  • 介護福祉をめぐる様々な課題と解決方法について考える/西方規恵 准教授 
  • ソーシャルワーカーだからできる子ども支援とは/牧野 晶哲 講師
pagetop