白梅学園大学/白梅学園短期大学

資格ガイド

取得可能な資格・免許

 

社会福祉士(国家試験受験資格)

ソーシャルワーカーとも呼ばれ、児童や障害者、高齢者、生活困窮者などの相談に乗り、問題解決のサポートをする「相談援助」の専門家です。本学では受験資格に必要な科目をすべて開講しています。

 

介護福祉士(国家試験受験資格)

身体・精神上の障害があることで、日常生活上、支障ある人に心身の状況に応じた介護支援を行う専門職です。介護を受ける人やその周りの人に対して、介護に関する指導も行います。

 

小学校教諭1種免許状

教科学習や集団生活を通して基礎的学力や基本的な素養、社会性を身につけ、健やかな成長を図ることができるよう教育・指導していくのが小学校教諭の仕事。保護者との協力関係や地域との連携を築いていくことなども重要になります。

※子ども学科の所定科目を履修することにより取得

 

児童指導員(任用資格)

児童養護施設や障害児施設などの児童福祉施設において、児童指導員として配置される場合に求められる資格です。児童指導員の仕事は、児童福祉施設などにおいて、0歳~18歳までの子どもたちの成長を援助し、基本的な生活習慣や学習の指導、生活上のアドバイスなどを行います。


社会福祉主事(任用資格)

地方自治体の福祉事務所などに従事する公務員(ケースワーカーなど)に任用される場合に必要とされる資格です。社会福祉施設の生活相談員や社会福祉協議会などの職員募集の際に、応募要件とされる場合もあります。


スクールソーシャルワーク教育課程修了証

地方自治体の教育委員会等に採用され、スクールソーシャルワーカーとして配置される場合に活用されます。スクールソーシャルワーカーは、教育と福祉の両面に関して専門的な知識・技術を有し、問題を抱えた児童・生徒に対し、子どもたちが置かれた環境への働きかけや、関係する機関との連携など、さまざまな支援方法を用いて課題解決に努めます。

※『修了証』は、大学で所定科目を履修するとともに、社会福祉士国家試験に合格した後、日本社会福祉士養成校協会に申請し、認定を得て取得します。

 

資格・免許取得のための主な履修モデル

 

社会福祉士の国家試験受験資格を取得し、国家試験合格をめざします。

福祉の学びと併せて教育についても学ぶこともできます。児童指導員任用資格やスクールソーシャルワーカー教育課程修了証を取得し、問題を抱える子どもについて、家族、学校、地域と多様な視点から考え、教育と福祉の両面からの支援をめざします。

また、生活支援に関する理論・技術を学び、介護福祉士国家試験受験資格を取得することができます。社会福祉士と介護福祉士の両国家試験受験資格を取得できるのが特徴です。

 

sub-f_qualif1_1.jpg

 

子どもに限らず、人々を支援する方法をさまざまな角度から学べるのがこの学科の魅力です。夏のゼミ合宿では長野県の病院を見学し、地域医療に力を入れている様子や、職種間の連携がスムーズなことに驚きました。大学に入る前は保育士をめざしていましたが、今はいろいろな経験を積ませていただいたことで、病気で悩んでいる人やその家族を助けられる医療ソーシャルワーカーになろうと決めています。

 

sub-f_qualif1_2.png

 

 

 

sub-f_qualif2_1.jpg

 

白梅のカリキュラムは介護だけでなく、社会福祉についても学ぶことができ、資格勉強だけでは得られない視野の広さも身についています。想い出に残っている授業は「介護演習」。実習前に介護技術を身をもって体験したり、介護に対する考え方をたくさん学べる貴重な授業でした。このときの経験が活かされ、実際の介護現場にスムーズに入っていくことができ、より収穫の多い実習になりました。

 

sub-f_qualif2_2.png

 

 

 

sub-f_qualif3_1.jpg

 

勉強が得意ではなかった私が、教員採用試験を突破できたのは白梅の学びがあったから、そう思っています。それは同じ目標を持つ仲間と学び合い、わからないことは先生に教えていただけるという環境です。先生には面接対策でも指導いただき、毎回その反省点を復習したことも力になりました。これまで学んできた社会福祉の知識を活かして、教員として不登校やクラスに馴染めない子どもたちも支援し続けたいです。

 

sub-f_qualif3_2.png

 

 

 

pagetop