白梅学園大学/白梅学園短期大学

実習ガイド

実習ガイド

 

多彩な演習科目のほかに、社会福祉士実習、介護福祉士実習などの実習が設けられており、現場での行動力、実践力を養います。
連携・協力施設も多く、豊かな現場体験がスキルアップに役立ちます。

 

 

家族・地域支援学科の"演習&実習"の特徴

 

誰もが安心して、その人らしい暮らしを営める社会をめざして、「一人ひとりに合った支援を実践できるソーシャルワーカー」、「教育の視点を持ち合わせたソーシャルワーカー」、「ケアワーク(介護福祉)の力を兼ね備えたソーシャルワーカー」などをめざすことができる演習・実習構成となっています。将来の進路を見据えて実習に臨み、現場で求められる力量を確実に養います。

 

sub-f_practice1.png

 

演習

生活支援に関する科目や相談援助に関する科目など、現場の状況を想定したロールプレイング方式の演習があります。ケアワークやソーシャルワークの基本的な知識・技術をしっかり学んで実習に臨みます。

 

実習

「介護実習Ⅰ」を皮切りに、1年次から継続的に実習が用意されています。希望する職種に合わせて選択し、「支援する」という行動がどういう意味を持つのかを理解しながら、自分がイメージする将来像に近づいていくことができます。

 

 

社会福祉基礎(1年)

 

sub-f_practice2.jpg演習・実習の下地となる
社会福祉に関する知識と技術を学びます。

 

社会福祉制度、介護老人保険制度の法のあり方や、高齢者の生活実態、介護現場の実情など、現代の高齢社会の取り巻く状況を知識として身につけます。そうした知識と同時に、実習時に必要とされる、一人ひとりに合わせた介護方法やコミュニケーションの取り方などの基本技術を習得します。

sub-c_flowArrow.png

演習・実習(1年次~)

 

sub-f_practice3.jpg介護福祉士実習

[介護実習Ⅰ(1年次)][介護実習Ⅲ(2年次)
[介護実習Ⅱ(1年次)][訪問介護実習(2年次)]

 

多様な生活支援の実際について、現場でしっかり学びます。

 

3 回にわたって行われる介護実習では、介護福祉士として、個別生活支援について多様な現場での実践を通して学びます。生活支援に関わる知識と技術を現場実践の中で習得し、介護のあり方についても考えます。事前演習などでしっかりと準備をした上で現場に携わることができます。

sub-c_flowArrow.png

演習・実習(3年~4年)

 

sub-f_practice4.jpg社会福祉士実習

[ソーシャルワーク実習(3年次)]
[ソーシャルワーク実習(4年次)]

 

相談援助の実際について、現場でしっかり学びます。

 

社会福祉士として求められる資質、技能、倫理、課題把握などの総合的な対応能力を培うための実習です。相談援助に関わる知識と技術について学び、実践的な技術を体得していきます。また、関連分野の専門職との連携のあり方についても学び、ソーシャルワーカーの役割を考えます。

 

スクールソーシャルワーク実習

[スクールソーシャルワーク実習(4年次)]

 

スクールソーシャルワークの実際を学びます。

 

スクールソーシャルワーク教育課程に基づき、学校や教育委員会に配属されているスクールソーシャルワーカーの指導を得ながら実習をします。実習を通して、問題を抱える子どもを中心に、家庭、学校、地域社会と連携しながら支援をする実際を学びます。

 

sub-f_practice6.jpg小学校実習

[教育実習(4年次)]

 

実習中のフォローもきめ細かに行います。

 

4年次に、小学校で4週間教育実習をします。小学校における現場を実際に体験することで、小学校教諭として必要な専門知識・基本的指導技術などを身につけていきます。教職指導の教員が実習先を訪問し、学生へのアドバイスをするなど、きめ細かな指導をしています。

 

pagetop