白梅学園大学/白梅学園短期大学

ゼミナール紹介

専門ゼミナール

 

3、4年次に開講するゼミナールでは、各自が自由な発想でテーマを見つけ、研究論文へとまとめていきます。
また教員やゼミ生同士の親睦も深めます。

 

sub-c_seminar1_1.jpg

 

 

専門ゼミでは、子どもを対象とした実験や子育て支援施設での見学などを通して、子どもの心を捉える方法を実践的に学んでいきます。また子どもの映像を分析的に見ることや、文献を読むことを通じて、学生自身が気づいたことや考えたことをゼミで話し合うことを大切にしています。

 

 

sub-c_seminar1_2.jpg

 

 

佐久間ゼミでは子どもの心の発達を心理学的に研究するために、毎回テーマを決めて活発な議論が行われています。何気ない「行動」や「言葉」にも注目し、心理学的に分析するクセがつきました。また実習前のゼミでは、一人ずつ手遊びや絵本を紹介し合い、それぞれのレパートリーを増やすことができました。

※掲載内容は、取材当時の情報です。

 

 

 

 

 

主なゼミナールテーマ

 

  • 人の社会的な発達を一生涯にわたって研究する/江上 園子 准教授
  •  SNS(LINE やInstagram など)コミュニケーションの特徴に関する研究/倉澤 寿之 教授
  •  子どもの心の発達について心理学的にアプローチする/佐久間 路子 教授
  •  障害を持つ子どもの特性と支援環境を考える/橋本 陽介 准教授
  •  障害について、幅広く考える/廣澤 満之 准教授
  •  親子・パートナー・家族の関係理解と、多様な取り組みについて考える/福丸 由佳 教授
  •  発達障害のある子どもの保育や特別支援教育、障害の理解啓発/堀江 まゆみ 教授
  •  乳幼児の脳と心の発達について認知科学的にアプローチする/松田 佳尚 教授
  •  子どもの遊びと保育環境、保育者の専門性について考える/宮田 まり子 准教授
pagetop