白梅学園大学/白梅学園短期大学

授業紹介

主な授業紹介

 

教育や福祉の現場などで実際に活かすことをめざして心理学を学修。
子どもの発達、心身の病気や障害について理論的・実践的に学べる授業が充実。
経験豊富な教員が目標実現をしっかりサポートします。

 

1年次『教育心理学』



幼児教育や小学校教育をめぐって、その心理学的な基礎づけを行うのが「教育心理学」です。心理学の専門の一つともなり、同時に教職課程の科目でもあります。例えば、算数や国語を教えたり、子どものやる気を引き出したりするために、心理学的な原則を心得ていると、教師として有効な働きかけが可能になります。具体的な授業や保育の実例を挙げながら、心理学からのアプローチを解説していきます。


 

2年次『精神医学』

 

精神医学の考え方、精神科診断学や治療法の概略について学びます。統合失調症、気分障害(うつ病など)、神経症、摂食障害など有病率の高い疾患の基礎を学び、また、児童思春期に特有の病状や高齢者の認知症など、対人援助職として、知っておくべき基本的知識について紹介します。心理的援助と薬物療法などの治療のバランスについても学びます。

 

2年次『発達臨床統計法』

sub-c_classintro3.jpg

発達臨床学科において、心理学的な研究活動を行う場合、統計学的な手法が必要になります。この授業では、実験や調査に基づいたデータを取り上げ、必要な統計的検定ができる力を身につけていきます。計算や数式が苦手な人も心配いりません。計算はコンピュータがしてくれます。必要なことは、統計手法を正しく適用するための基礎知識と計算結果を読み取る力だけです。そのために、具体的なデータをもとにした演習を行います。
 

2年次『特別支援学校教育課程論』

sub-c_classintro4.jpg

特別支援教育における教育課程の基本構造を理解した上で、特別支援学校や学級における教育家庭編成にともなう実践課題について学びます。具体的な実践例を検 討し、教育的ニーズに応じた支援を習得することをめざしています。特別支援教育の教育課程の流れについて説明し、その上で、知的障害児、肢体不自由児に焦点を当て、各々の実践と課題について学びます。
 

 

sub-clinical-top_bnrmenu01.png

 

sub-clinical-top_bnrmenu03.png

 

sub-clinical-top_bnrmenu02.png

 

sub-clinical-top_bnrmenu04.png

 

 

sub-clinical-top_bnrmenu05.png

 

sub-clinical-top_bnrmenu06.png

 

 

pagetop