白梅学園大学/白梅学園短期大学

ゼミナール紹介

専門ゼミナール

 

3年次に専門ゼミナールがスタートし、子ども学や教育学のさまざまな分野を深く探求していきます。4年次には、学びの集大成と卒業論文に取り組みます。少人数制ならではのきめ細かな指導の中で、多くの学びや気づきを得ることができます。グループ学習を軸に、自分でテーマを設定し、ゼミナール担当教員のアドバイスを受けながらじっくり探求できます。

 

sub-ch_seminar1_1.jpg

 

 

保育学の基本を学び合います。保育学の学問分野は広範囲にわたりますが、主に、保育所や保育者の現状と課題、保育内容の特徴、保育の環境や制度、日本の保育史の基礎を学びます。3 年次の学びから各自がテーマを導き出し、4 年次に卒業研究を完成させます。文献資料の調査により、何度も文章を練り直し、卒業論文を仕上げます。

 

 

sub-ch_seminar1_2.jpg

 

 

「なぜ保育や教育の現場で動物を飼育するのか?」「動物飼育が子どもにどのような影響をもたらすのか?」などについて研究していました。近藤先生は気さくな方で質問や相談がしやすく、ゼミの時間はとてもアットホームな雰囲気で、また、一歩先を見据えたアドバイスをくださるので、ゼミナール発表会も満足のできる出来となりました。

 

※掲載内容は、取材当時の情報です。

sub-ch_seminar2_1.jpg

 

 

小学校教育を中心に考えるゼミです。テーマは「今ある姿から出発した子ども分析と授業のあり方を考える」。ゼミ生全員で小学校に行き、授業のあり方を考えたり、私が行う提案授業を見たりして、授業の本質を学びます。また、夜間中学校やNPO 法人の学校などを見学し、さまざまな教育の姿を増田 修治 教授 考え合います。

 

 

 

sub-ch_seminar2_2.jpg

 

 

増田先生のゼミは実践的なものが多く、小学校、夜間中学校の授業などさまざまな教育現場を見学させていただきました。そうした経験があったことで、子どもの学力を伸ばす授業とはどういうものかを深く考えるきっかけにもなったと思います。また、教職は毎日が挑戦です。先生から日々学び続ける大切さも教えていただきました。

※掲載内容は、取材当時の情報です。

 

 

 

主なゼミナールテーマ

 

「子どもの健康と運動・スポーツについて」/安倍 大輔 准教授

  • 障害を持つ子ども理解と保育・教育における配慮・支援/市川 奈緒子 准教授
  • 児童文学から現代文学まで幅広く文芸作品を読み解く/鬼頭七海 准教授
  • 障害児・慢性疾患児や家族への支援について考える、啓発人形劇/小林 美由紀 教授
  • 乳幼児保育・教育から小学校教育への接続/佐々 加代子 教授
  • 遊びを中心とした保育のあり方を考える/師岡 章教授
  • 学校教育の現代的課題、教職の専門職性に関する研究/須川 公央准教授
  • 障害のある子もない子も参加できるワークショップの実践/杉山 貴洋 准教授
  • 子ども観の歴史、子ども文化社会学、保育教育の思想/首藤 美香子 准教授
  • 子ども学研究の方法論を考える~歴史的な視点からのアプローチ~/髙田 文子 教授
  • 理科における授業設計や教材開発/中林 俊明 准教授
  • 子育て支援、保育者の離職防止、共働き家庭、恋愛・結婚、若者と生きづらさ、男性保育者、父親の育児、Men`s studies/庭野 晃子准教授
  • 子ども・家族の貧困・社会的孤立問題と福祉課題集積地域研究/長谷川 俊雄 教授
  • 子どもの食と環境に関する研究/林 薫 准教授
  • さまざまな保育の現場や保育実践をテーマにした研究/松永 静子 准教授

 

 

 

sub-child-top_bnrmenu01.png

 

sub-child-top_bnrmenu03.png

 

sub-child-top_bnrmenu02.png

 

sub-child-top_bnrmenu04.png

 

sub-child-top_bnrmenu07.png

 

 

 

 

sub-child-top_bnrmenu08.png

 

 

 

pagetop