白梅学園大学/白梅学園短期大学

【短大】各教員ページ

保育科

長井 覚子 講師

 

長井覚子.png

出身大学・大学院

東京芸術大学大学院音楽研究科

 

学位

 

博士(学術)

 

 

 

 

専攻分野(研究課題) 音楽教育学(音楽学)
主な担当講義 音楽Ⅰ・Ⅱ、保育内容演習 表現、子どもとアート
現在の研究テーマ 音楽教育史、乳幼児期の音楽活動
研究キーワード 保育における音楽活動の歴史、保育内容 表現、表現と身体、模倣と表現・創造性
主な論文・著作・研究業績

〔著書〕

・『教員養成課程:小学校音楽科教育法』共著 教育芸術社 2008年

・『戦時下の子ども・音楽・学校―国民学校の音楽教育―』共著 開成出版 2013年

・『音楽を学ぶということ―これから音楽を教える・学ぶ人のために―』共著 教育芸術社 2016年

・『文化としての日本のうた』共著 東洋館出版社 2016年

 

〔論文〕

・「土川五郎における「遊戯」論の展開とその歴史的意義」単著 幼児教育史学会『幼児教育史研究』第2号【査読有】 2007年

・「音楽と身体がかかわった教材としての遊戯作品の史的展開―土川五郎の律動遊戯にみる成果と問題点―」単著 日本音楽教育学会『音楽教育実践ジャーナル』第6巻第2号【査読有】 2009年
・「乳幼児期における子どもの表現の育ちを支える音楽教育―保育及び子育て支援における試みの検討―」共著 日本音楽教育学会編『音楽教育学の未来』音楽之友社 2009年
・「昭和初期小学校音楽科教育の形成過程に関する研究―長野県飯田市の事例をとおして見る地域と学校―」共著 『千葉大学教育学部紀要』第58号 2010年
・「大正から昭和初期の保育における音楽活動の理論と実際」単著 東京芸術大学博士学位論文 2011年
・「大正から昭和初期の松本幼稚園における音楽活動―多様な活動の実態とその諸相―」単著 東京芸術大学音楽教育学研究会『音楽教育研究ジャーナル』第36号 2011年
・「表現の育ちにおいて型や技術を学ぶことの意義」共著 スペース新社保育研究室『保育の実践と研究』第17巻第2号 2012年
・「大正から昭和初期の倉橋惣三における唱歌・遊戯論」単著 白梅学園短期大学・大学『白梅学園大学・短期大学紀要』第50号、1~16頁【査読有】2014年 

・「昭和初期の幼児向け唱歌集に関する一考察―日本教育音楽協会編『エホンシヤウカ』を中心に―」単著 『白梅学園大学・短期大学紀要』第51号、19~35頁【査読有】 2015年 

所属学会・社会的活動 ・日本音楽教育学会
・音楽教育史学会
・東洋音楽学会
・日本保育学会
・幼児教育史学会
・日本乳幼児教育学会
・足立区立いりや第二保育園園内研修講師・東村山市公立保育園研修講師  他
趣味・特技 ヴァイオリン、ジャズダンス、ウクレレ
受験生・学生へのメッセージ 子どもたちは、生活や遊びの中の様々な場面で音や音楽とかかわり、楽しんでいます。そんな子どもの姿から、保育者にとって必要な力を改めて考えてみましょう。
pagetop