白梅学園大学/白梅学園短期大学

CAMPUS TOPICS

【重要】2021年度の授業について

【重要】2021年度の授業について

 

学生の皆様 並びに保護者の皆様へ

 

2020.12.23【学長メッセージ】でもご案内していますとおり、白梅学園大学・短期大学では、2021年度の授業を原則としてすべての回を対面授業により実施します。

つきましては、皆さんが安心して学べる環境となるよう、以下のように準備をしています。

皆さんと直接お会いして、ともに学びあえる日を楽しみにしています。

 

 

【授業の実施方針について】

1.対面授業の実施(2021年度感染防止策はこちらをご覧ください)

〇学生の皆さんが、座席の間隔を広げ3密を避けるために(各講義室とも収容人数の3分の2以下)、新年度に向けて、講義室の改修工事及び設備の整備をしました。

〇消毒液の設置、安全・安心できる昼食・休憩場所の確保など引き続き行っていきます。

〇学生の皆さんも、マスク着用、検温、手指消毒など、感染予防に引き続きご協力お願いします。

 

2.オンライン授業について

〇受講生の多い大学の授業においては、オンデマンド型によるオンライン授業を一部取り入れます。学部1年生は、履修状況にもよりますが、おおむね5科目程度が確実にオンライン授業となります。オンライン授業受講にあたっての推奨環境等はこちらをご覧ください。

〇社会人学生が多い大学院授業においては、対面とオンラインを混在させた形式での授業(ハイブリッドな授業の展開)を行う予定です。

 

 

【パソコンの所持について】

対面授業であっても、レポートの作成・提出や出席確認に代わるリアクションペーパーの入力・提出など、パソコンでの文章作成とオンラインでの提出が頻繁に発生します。加えて、オンデマンド型のオンライン授業を受講する場合は、授業をWeb経由で受講し、資料もWeb上で配信されます。また学部生は卒業論文の執筆(20,000字)が卒業必修要件となります。

大学のコンピュータ室の利用も可能ですが、利用時間等の制約もあります。大学生活を充実させる一助として、学生本人専用のパソコンを準備することをお薦めします。推奨スペック等についてはこちらをご覧ください。

 

 

【2021年度対面授業実施にあたっての教育上の配慮について】

以下の理由で対面授業への参加が困難な学生については、配慮を受けるための申請を行い、理由が認められれば配慮を受けることができます。

ア.自身の疾病等や投薬により免疫が低下した学生
イ.その他、自身の体調面に不安があり保健センターとの面談により必要性があると認められた学生

※2021年度からは、生活環境に不安を抱える学生は原則として本配慮の対象とはしていません。特別な事情がある場合は教務課へメールでご連絡ください。

 

申請にあたっては、申請書、誓約書、診断書等の提出が必要です。

在学生へはポータルサイトにて、手続き方法を案内しています。新入生のかたは教務課へメールでお問い合わせください。

 

 

 

2021年度授業時間割については、3月16日(火)頃にホームページ掲載予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今後の事態の推移によっては、さらなる変更が生じる場合があります。
引き続きポータルサイトをチェックするとともに、自身の健康、行動に留意してください。

 

 

教務課

 

※教務課へのご連絡については、こちらをご覧ください。

http://daigaku.shiraume.ac.jp/visit/current-student/academic-affairs-div/

 

pagetop