白梅学園大学/白梅学園短期大学

CAMPUS TOPICS

新型コロナウイルス感染症拡大に関する学生緊急支援について

学生の皆さま 保護者の皆さま

 

 新型コロナウイルス感染症対策として熟考を重ねた結果、本学の姿勢をご説明いたします。高等教育機関としての責任を全うするために、以下の2点を方針として進めてまいります。

 第一に、大学・短期大学・大学院としての教育の質保障に努めます。それは、授業の質保障と免許・資格取得保障です。授業の質保障として、現在5月11日からスタートするオンライン授業のために、全教職員が力を合わせて準備をしています。また、オンライン授業開始に向かって、各ご家庭においては通信環境の整備に多大なるご協力をいただいていることに感謝申し上げます。免許・資格取得の保障につきましては、国や関係団体の通知に依りながら、学生の皆さんが安心して免許・資格を取得できるように、実習先との個別連絡、学内の関係授業方法の模索を続けております。

 第二に、白梅学園大学としてできる学生生活支援を進めていきます。具体的には、学修支援と生活に関わる悩みのサポートです。白梅の規模だからこそできるサポートを考えながら、学生さんの抱える多様な悩みや心配を受け止めつつ、ともに解決方法を考えていきます。現在、アンケートや電話による聴き取りによって、今困っている学生さんたちを明確にし、その対応にまず注力しています。受信デバイスを用意すればよいというだけではありません。自力で生活を賄っている学生や、アルバイトを失いながら、実家に帰ることも控えて、生活維持の手立てが必要な学生もおります。

 どんな状況下でも、希望する免許・資格取得を保障し、就職を実現すること、授業や学修の質を保障するために、我々教職員は最善を尽くします

 

2020年5月7日

白梅学園大学・白梅学園短期大学・白梅学園大学大学院

学長 近藤幹生

 

学生緊急支援

 

白梅学園大学・白梅学園短期大学では新型コロナ感染防止策を踏まえ、全ての学生が学び続けられる環境を整え、オンライン授業等を実施するための対応を進めています。
この度、その一環として、下記を大学・短期大学では緊急支援対策を行います。

 

 

①オンライン授業受講のための臨時支援
5月11日よりオンライン授業を行います。この度、通信環境の整備に多大なるご協力をいただくため、オンライン授業受講のための臨時支援を、全ての学生を対象に一人3万円を給付させていただくことになりました。

全ての学生の皆様に公平に学修環境を担保できることを目的としたもので、有効に活用して頂ければと考えます。
なお、給付の準備が出来次第、学生の皆様にに別途通知いたしますので、個別のお問い合わせはお待ちくださいますようお願いいたします。

 

②学納金の延納対応

今般、新型コロナウイルス感染症拡大により緊急事態宣言が発出されました。これによる経済状況の悪化と外出自粛要請等を考慮し、在学生(新入生を除く)の学費納付期限を4月末日より1か月延長し、6月1日まで延長いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

 

③特別給付奨学金

緊急対応措置により今後も経済的に困窮している学生への具体的な支援を進めてまいります。

詳細の支給基準及び手続につきましては、整備でき次第別途通知します。個別のお問い合わせはお待ちくださいますようお願いいたします。

 

④遠隔授業受講環境整備

オンライン授業に必要な通信環境整備のため、経済的困難等で必要な学生用にWi-Fi機器を準備しました。

必要な手続きは別途連絡します。

pagetop