白梅学園大学/白梅学園短期大学

CAMPUS TOPICS

〈家族・地域支援学科〉第4回 介護施設実習の事例検討発表会が行われました。

 

 家族・地域支援学科 介護福祉士資格取得希望の3年生は、2015年夏、1ヶ月に及ぶ施設介護実習を経験しました。その際に受け持たせていただいた利用者様の事例報告会を2016年1月30日(土)に行いました。

 

 発表は7タイトル。重度認知症ケアや終末期ケアへの取り組みなど、年々深化していると感じます。

 実習をさせていただいた施設の実習担当指導者の皆様にもご参集いただき、講評をいただきました。その中には、本学の短大時代に介護福祉士資格を取得し、現場で活躍している卒業生も見受けられるようになり、教員たちは二重の喜びと達成感を享受しました。

 社会福祉士受験資格希望者は、引き続き、相談援助実習があります。生活支援から社会的擁護まで、幅広く福祉学の視野を広げることで、社会に貢献できる人材になっていくことを願っています。

 

(文責 家族・地域支援学科 土川洋子)

 

 

kazoku_jirei2016-1.jpg kazoku_jirei2016-4.jpg
▲発表風景
kazoku_jirei2016-5.jpg kazoku_jirei2016-3.jpg
▲実行委員の1年生
kazoku_jirei2016-2.jpg
▲発表を終えた3年生

 

家族・地域支援学科  土川洋子 教授

pagetop