白梅学園大学/白梅学園短期大学

CAMPUS TOPICS

白梅子ども学会が開催されました。

子ども学部では卒業論文を発表する場として白梅子ども学会を開催しています。今年度も2月24日25日に行われました。

口頭発表、ポスター発表、展示、演奏それぞれの部門に分かれ、4年間の学習・研究の成果を発表しました。

 

子ども学科が発足して10年目を迎え、白梅子ども学会も第7回を数えます。発達臨床学科が参加して3年、家族・地域支援学科生の参加も2年目となりました。回を増すごとに、子ども学がますます広がり、確実に深まっていることが実感できます。

 

■口頭発表テーマ(一部)

・調理体験活動における子どもの作業記憶に関する研究

・現在の子育て環境から考える親子支援~保育者の役割とは何か~

・子どもの安全とは~ひ弱と言われる現代の子どもたち~

・男性の育児休業に関する研究~今後の日本の育児休業の在り方~

・事実婚の国際比較に基づく少子化への影響

・生活に困難さを抱える子どもの実態とその学力に関する研究

・施設における認知症高齢者と入浴~身体的・精神的虐待・ネグレクトと代替手段~          ほか

 

■当日の様子

SG0224_8554 (640x426)2.jpg

DSCN1393 (640x480).jpg

SG0225_8940 (640x426)2.jpg

DSCN1396 (640x480).jpg DSCN1421 (640x480).jpg DSCN1411 (640x480).jpg
DSCN1378 (640x480).jpg DSCN1384 (640x480).jpg SG0225_8905 (640x426)2.jpg

 

 

pagetop