白梅学園大学/白梅学園短期大学

2020年度の白梅

2020年の白梅①数字で見る白梅

コロナ禍でも進む学生達の姿を追い続ける

 

コロナ禍で急遽はじまった前期のオンライン授業を終え、夏休み中に学生アンケートを実施いたしました。その結果、学生の皆さんは大変な思いで生活しながらも、白梅での学びを続けようとしている姿勢が明らかになりました。

本学が大学・短期大学全学生を対象に9月に実施しましたアンケートをもとにご紹介します。

 

 

kaitou①.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月末、最初に行った学生支援が、オンライン授業を受けるための環境整備補助金(一律3万円支給)です。その後、学納金納付期限の延期を実施、さらに学費や生活費を自分で賄っている学生を対象とした自立支援給付奨学金(10万円/人)を第1回(6月)、第2回(7月)給付しました。原資は教職員や卒業生、後援会、一般の方々の寄付金です。今でも多くの方から温かいご寄付を頂いております。(※授業料等の取り扱いについては、こちらをご覧ください)その他、今年度開始されました高等教育の修学支援新制度や日本学生支援機構による奨学金制度等については学生課にてご相談、紹介をしています。

 

kaitou②.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期は特定の授業を週1日大学にて対面授業を行っていました。その中でもオンライン(遠隔授業)のみまたは併用する授業形態を好きと答える学生が7割ほどでした。

 

kaitou③.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学によっては4人に1人が休学を視野に入れているという報道がありましたが、白梅では多くの学生がこのまま学びを続けようとしています。

 

【学生アンケート実施期間】 2020/8/31〜9/10※学生課調べ

回答数】  653名(54.4%)

 

また7月に実施しました授業評価アンケートでは、前年度の同時期のアンケートより好意的な結果となりました。

2020jyugyo1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生アンケート結果や授業評価アンケート結果を受けて、後期に向けてFD研修会(9月17日)を実施しました。

 

pagetop