白梅学園大学/白梅学園短期大学

学生の人権擁護

学生の人権擁護

 

ハラスメント防止に向けた本学の取り組み

 

harassment3.jpg

人権侵害のない大学を目指して

 

 白梅学園大学・白梅学園短期大学は、ヒューマニズムを建学の理念としています。学問の自由が保障される中で、ここに集うすべての人の人権が尊重され、個人の尊厳と両性の本質的平等が保障されなければなりません。また、すべての学生が心身ともに健康で快適な学園生活を安心して送れるようでなければなりません。
 この理想は、学生と教職員が相互に信頼を深めあうことで、初めて実現されます。本学は、学生一人ひとりと教職員がこの理想を共有し、相互の意見を尊重し合えるような環境づくりに努めます。
 本学は、このような理想に反するあらゆる差別や各種ハラスメント、人権侵害を生じさせないように、その防止に努めます。
 また、学園の内外を問わず、万一関係者によってそのような事態が生じた場合には、その事実関係を厳正に調査し、全力を挙げて被害者の救済に努めます。

 

ハラスメントとは?

 

以下の行為は、各種のハラスメント(嫌がらせ)とみなされます。

セクシュアル・ハラスメント

 本人の意図にかかわらず、相手にとって不快と思われる性的言動によって、不快感・不利益を与え、生活環境を悪化させることをいいます。

代表的なセクシュアル・ハラスメントの例

  1. 利益または不利益を条件として、はっきりと、または、ほのめかしながら性的な要求や誘いかけをすること。
  2. むやみに身体に触れたり、性的な言動を繰り返すこと。ストーカー行為や性的嫌がらせの電話、性的な内容の情報を他に言いふらすこと。
  3. 性的な言動、写真や画像・文書等を掲示して、不快感・脅威・不利益を与えること。ハラスメントは異性間だけでなく同性間でも起こります。

アカデミック・ハラスメント

 教育・研究上、優位にある者(単位認定権のある教員など)が行う不適切な言動や指導のことで、それによって相手の勉学意欲を削ぎ、勉学環境を悪化させることをいいます。

代表的なアカデミック・ハラスメントの例

  1. 必要な学習・研究などの指導を一切しないこと。
  2. 不当に低い評価をつけること。
  3. 個人指導と称して、不必要に個人的な接触をはかること。

パワー・ハラスメント

 職務上優位にある者(上司など)がその力を利用して不適切な言動や待遇をすることで、それによって相手の就労意欲を削ぎ、職場環境を悪化させることをいいます。

代表的なパワー・ハラスメントの例

  1. 職務上必要な情報を意図的に伝えなかったり、提案・要望などを理由なく却下すること。
  2. 職務上の誤りなどを、意図的に皆の前で叱責すること。
  3. 配置転換や退職をほのめかすこと。

被害を受けたと感じたら・・・

勇気をもって 『嫌だ』 ということを伝えましょう

 行為者が自分勝手な解釈をしないよう、可能であれば、相手に『嫌だ』という気持ちを伝えましょう。

自分を責めないでください

 ハラスメントを受けた人は、自分に落ち度があったとか、『NO』と言えない自分がいけなかったのだと考えがちです。あなたが悪いのではありません。

一人で悩んだりせず、相談しましょう

 我慢したり、一人で悩んだりせず、勇気をもって信頼のできる相談員、教職員、カウンセラーに相談し、解決に向けての協力や意見を求めましょう。

記録をとっておきましょう

 あなたが受けたハラスメントと思われる行為について、日時・場所・何をされたのかなど、記録をとっておいてください。

ハラスメントの場面に居合わせたら

 友人の相談にのり、友人を精神的に支えながら一緒に考え、相談に行くことをすすめましょう。また、必要ならば証人になってあげましょう。

相談と解決の流れ

 

soudan.gif

学生人権擁護委員会はあなたの秘密を厳守して問題解決にあたります。
まずは相談員にご連絡ください。

 相談員に関する情報を含め、詳しい案内書が学生相談室・学生課・保健センター・企画調整室に常備されています。

白梅学園大学・白梅学園短期大学 学生人権擁護委員会

事務局:白梅学園大学・白梅学園短期大学 企画調整室

〒187-­8570 東京都小平市小川町-1­830
T E L :042-­346-­5636(直通)
E­mail:sekuhara@shiraume.ac.jp

 

pagetop