白梅学園大学/白梅学園短期大学

情報教育研究

情報教育研究

 

研究紀要・情報教育研究

 

No.16

(2013年)

No.17

(2014年)

No.18

(2015年)

No.19

(2016年)

 
i_p_center05.jpg

No.11

(2008年)

No.12

(2009年)

No.13

(2010年)

No.14

(2011年)

No.15

(2012年)

No.6

(2003年)

No.7

(2004年)

No.8

(2005年)

No.9

(2006年)

No.10

(2007年)

No.1

(1998年)

No.2

(1999年)

No.3

(2000年)

No.4

(2001年)

No.5

(2002年)

 

 

 

 

No.19(2016年)

介護サービスをとりまくICTの現状と教育のあり方
土川洋子(p.1-8)
インターネットによるカウンセリング,援助活動(10):CBTの手続きを用いた援助活動

林潔(p.9-18)
剽窃検出ソフトWCopyfindの日本語文書への適用について
倉澤寿之(p.19-26)
情報処理センターの事業
(p.27)
情報教育研究編集規定
(p.28)

 

No.18(2015年)

白梅学園大学の教育改革とdotCampus
金子尚弘(p.1-6)
タブレット対応教材作成ソフトの現状
倉澤寿之(p.7-20)
情報処理センターの事業
(p.21)
情報教育研究編集規定
(p.22)

 

No.17(2014年)

聴覚に障がいのある学生へのICTによる支援システム
金子尚弘(p.1-9)
探索的因子分析演習のためのWEBアンケートとSNSの活用
土川洋子(p.10-14)
ネットコミュニケーションとその教育への応用に関する最近の研究動向
倉澤寿之(p.15-22)
白梅学園大学・短期大学図書館における「情報リテラシー教育」報告
武田和彦(p.23-29)
情報処理センターの事業
(p.30)
情報教育研究編集規定
(p.31)
 

No.16(2013年)

フラッシュ型教材を導入した「月の満ち欠け」を説明する授業デザインの検討
栗原淳一(p.1-8)
高等教育におけるクラウドコンピューティング
金子尚弘(p.9-15)
情報機器の在り方についての提案2 情報の解釈と情報機器活用の一例
吉村季織(p.16-21)
情報処理センターの事業
(p.22)
情報教育研究編集規程
(p.23)
 

No.15(2012年)

プレゼンテーションツールと授業シナリオ
金子尚弘(p.1-5)
観察を補完するデジタルコンテンツを導入した理科の授業デザイン―小学校第6学年「月の満ち欠け」の学習を事例に―
栗原淳一(p.6-11)
白梅学園大学・短期大学図書館における情報リテラシー教育の実践
森なを子(p.12-25)
メールアドレスの命名について
倉澤寿之(p.26-29)
情報機器の在り方についての提案
吉村季織(p.30-34)
情報処理センターの事業
(p.35)
情報教育研究編集規程
(p.36)
 

No.14(2011年)

理科の授業づくりを支援するデジタル指導資料の評価
栗原淳一(P.1-7)
実験と情報処理
ーサイコロを使った実験による確率分布の導出ー

吉村季織(P.8-18)
メール一斉送信システムの開発
倉澤寿之(P.19-21)
外部ファイルサーバーを利用した協同作業空間の利用
金子尚弘(P.22-26)
情報処理センターの事業
(P.27)
情報教育研究編集規程
(P.28)

No.13(2010年)

データ記録メディアの利用に関する調査
倉澤寿之(P.1-5)
算数の学習におけるICTの利用
金子尚弘(P.6-12)
理科実験と情報処理
吉村季織(P.13-21)
インターネットによるカウンセリング、援助活動(9)
ー看護、介護活動への支援の可能性についてー

林潔(P.22-31)
教育機関における個人情報保護の取り組みに対する提言
宇田隆悦(P.32-36)
情報処理センターの事業
(P.37)
情報教育研究編集規程
(P.38)


No.12(2009年)

携帯電話メールを利用した連絡システム(3)
ーマイページの作成ー

倉澤寿之(P.1-3)
特別支援教育とFlash教材
金子尚弘(P.4-8)
インターネットによるカウンセリング、援助活動(8)
ー中国の活動を中心にー

林潔(P.9-16)
品質教育の勧め
宇田隆悦(P.17-19)
情報処理センターの事業
(P.20)
情報教育研究編集規程
(P.21)

No.11(2008年)

メールサーバ上での迷惑メール対策
倉澤寿之(P.1-6)
特別支援教育におけるICT活用の役割
金子尚弘(P.7-14)
インターネットによるカウンセリング,援助活動(7)
ー高齢者と家族援助の可能性ー

林潔(P.15-20)
品質向上への意識改革と実践の提言
宇田隆悦(P.21-25)
情報処理センターの事業
(P.26)
情報教育研究編集規定
(P.27)

No.10(2007年)

出欠情報共有システムの開発(2)ー個別指導記録機能の追加ー
倉澤寿之(P.1-3)
基礎心理学教育における動物行動実験とコンピュータ
金子尚弘(P.4-8)
インターネットによるカウンセリング,援助活動(6)
ー高齢者,障害者援助の可能性についてー

林潔(P.9-18)
情報教育への提言
宇田隆悦(P.19-23)
インターネットを活用したピアノ学習支援システムの構築
ー保育科の情報処理入門の中での展開ー

長谷川洋介(P.24-29)
情報処理センターの事業
(P.30)
情報教育研究編集規定
(P.31)

No.9(2006年)

携帯電話メールを利用した連絡システム(2)
倉澤寿之(P.1-4)
応用行動分析的手法による自習教材と
キャプティベイト(Macromedia Captivate)

金子尚弘(P.5-10)
インターネットによるカウンセリング,援助活動について(5)
林潔(P.11-20)
日本の進むべき道と情報処理教育への提言
宇田隆悦(P.21-22)
情報処理センターの事業
(P.23)
情報教育研究編集規定
(P.24)

No.8(2005年)

出欠情報共有システムの開発
倉澤寿之(P.1-6)
高等教育におけるe-learningの現状と課題
金子尚弘(P.7-20)
インターネットによるカウンセリング,援助活動について(4)
林潔(P.21-32)
情報処理センターの事業
(P.33)
情報教育研究編集規定
(P.34)

No.7(2004年)

携帯電話メールを利用した連絡システム
倉澤寿之(P.1-6)
衛生利用遠隔講義の評価と課題
金子尚弘 三好一賢(P.7-10)
教職資格課目「総合演習」におけるインターネット活用
ー平和の文化に関する取り組みからー

瀧口優(P.11-16)
インターネットによるカウンセリング,援助活動について(3)
林潔(P.17-24)
情報処理センターの事業
(P.25)
情報教育研究編集規定
(P.26)


No.6(2003年)

コンピューターにおけるソーシャルアクション
石井哲夫(P.1-2)
コンピュータネットワーク利用環境の整備(1)
ーウェブインターフェイスによるメール転送設定ー

倉澤寿之(P.3-8)
実習教育のe-learning
金子尚弘(P.9-14)
マルチメディア利用の授業展開に関する一省察
ーリアリティ・分かる・映像文法ー

八木紘一郎(P.15-18)
e-learningとe-helpingについて
林潔(P.19-28)
情報処理センターの事業
(P.28-31)
情報教育研究編集規定
(P.32)

No.5(2002年)

学校環境におけるWindowsNTドメイン管理の諸問題(3)
ーー携帯電話メールを対象とした、メール一斉配信システムーー

倉澤寿之(P.1-4)
マルチメデイア教材の作成技術
金子尚弘(P.5-10)
学生のコンピューター室利用状況に関する調査(2)
倉澤寿之(P.11-14)
インターネットによるカウンセリング、援助活動について(2)
林潔(P.15-24)
情報処理センターの事業
(P.25-27)
情報教育研究編集規定
(P.28)

No.4(2001年)

学校環境におけるWindowsNTドメイン管理の諸問題(2)
倉澤寿之(P.1-4)
学生のコンピュータ室利用状況に関する調査
倉澤寿之(P.5-9)
インターネットによるカウンセリング、援助活動について(1)
林潔(P.11-18)
教室の内と外とのコンピュータ
金子尚弘(P.19-22)
情報処理センターの事業
(P.23-25)
情報教育研究編集規定
(P.26)
 

No.3(2000年)

マルチメディアを用いた遠隔授業 克服すべき技術と克服する技術
金子尚弘(P.1-6)
学校環境におけるWindowsNTドメイン管理の諸問題(1)
倉澤寿之(P.7-14)
電子メールによるカウンセリングおよび援助(helping)活動について(3)
林潔(P.15-22)
情報処理センターの事業
(P.23-25)
情報教育研究編集規程
(P.26)

No.2(1999年)

学内ネットワークを利用した、授業出欠情報確認と授業評価公開の試み
倉澤寿之(P.1-8)
マルチメディアデータを活用したデータベースシステムの構築
金子尚弘・多喜乃亮介・皆川和史(P.9-22)
電子メールによるカウンセリングおよび援助(helping)活動について(2)
林潔(P.23-30)
知的障害者施設におけるコンピュータネットワークの利用について--神奈川県藤沢市社会福祉法人藤沢育成会における障害者・高齢者のコンピュータネットワーク利用の可能性
堀江まゆみ・古山圭二・志賀信道・坂本昌行・安西義美・安西未佳・押谷敏明(P.31-42)
情報処理センターの事業
(P.43-49)
情報教育研究編集規程
(P.50)

No.1(1998年)

巻頭言
白梅学園短期大学学長 石井哲夫(P.1)
短期大学におけるコンピュータ教育設備の整備について
倉澤寿之(P.2-9)
福祉におけるインターネットの現状
寺田雅英・金子尚弘・神田信彦・倉澤寿之(P.10-18)
マルチメディアによる--生涯学習と視聴覚教育--
金子尚弘(P.19-22)
戦前期ニュース映画のデータベース化について
平賀明彦(P.23-29)
電子メールによるカウンセリングおよび援助(helping)活動について
林潔(P.30-36)
情報処理センターの事業
(P.37-53)
情報教育研究編集規程
(P.54)
 

pagetop