白梅学園大学/白梅学園短期大学

入試のポイント

【2019年度入試】

 

推薦入試(公募制)  一般入試Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期  センター試験利用入試

 

オープンキャンパス・相談会情報

 

《推薦入試(公募制)》

 

POINT1

推薦入試(公募制)はWEBからの出願です。

推薦入試(公募制)は、Ⅰ期・Ⅱ期ともに、すべてWEB出願(インターネット出願)となります。紙の願書の配布はありません。本学ホームページから専用サイトにアクセスしていただき、①基本情報を入力、②希望する入試区分などを登録、③受験料支払、④入学願書を印刷、⑤調査書等を郵送という流れになります。

POINT2

評定平均値の出願基準を設けていません!

出願資格として、評定平均値の基準は設けておりません。高等学校長の推薦があれば、どなたでも出願することができます。同じ高校から何名でも出願できます。また、1浪(既卒)まで出願が可能です。したがって、合格者の評定平均値もさまざまです。

 

POINT3

総合評価で一人ひとりを多面的に評価します!

005.19.入試ガイド.point01.jpg本学の推薦入試(公募制)は、総合評価を導入しています。読解力(現代国語の基礎テスト)・記述力テストと面接及び書類審査による3つの審査方法で受験生1人ひとりを多面的に評価します。

POINT4

「記述力」部分は各学科のアドミッション・ポリシーに沿った出題・評価をします。

「読解力」部分は、大学および短期大学に共通した学力を問う、 現代国語の基礎テストです。出願内容は、漢字・熟語などの語彙力、文章を読み解く力を測るものです。

05.19.入試ガイド.point02.jpg

「記述力」部分は各学科ごとに出題内容が異なります。 各学科のアドミッション・ポリシーを基に思考力を問う問題を、それぞれ出題します。

※読解力(現代国語の基礎テスト)・記述力テストは1つのテストで、両方を60分間で回答します。

POINT5

Ⅰ期は「読解力」の配点比重を高くし、Ⅱ期は「記述力」の配点比重を高くします!

05.19.入試ガイド.point03.jpgⅠ期の配点は読解力部分60点、記述力テスト部分を40点、合計100点満点です。Ⅱ期の配点は、読解力部分の配点が40点、記述力テスト部分が60点で合計100点満点となり、学科ごとに受験生の記述力を評価します。

POINT6

面接も大切です!総合評価の中で2番目にウエイトが高くなっています。

05.19.入試ガイド.point04.jpg面接は5段階で評価します。0点、5点、10点、15点、20点です。アドミッション・ポリシーをもとにした志望動機、本学の学部・学科に関する志望動機、高校時代の取り組みなどを聞きます。総合評価で判定しますので、読解力(現代国語の基礎テスト)・記述力テストがあまり良くなくても面接で挽回することが可能です。しっかりと自分の意見が面接官に伝えられるように準備してきてください。

 

《一般入試・センター試験利用入試》

 

POINT1

一般入試・センター試験利用入試はすべてWEBからの出願です。

nyushi_guide10.jpg一般入試、センター試験利用入試は、すべてWEB出願(インターネット出願)となります。紙の願書の配布はありません。本学ホームページから専用サイトにアクセスしていただき、①基本情報を入力、②希望する入試区分などを登録、③受験料支払、④入学願書を印刷、⑤調査書等を郵送という流れになります。2019年1月5日(土)より出願可能となります。

POINT2

同時出願で、入学検定料が割引に!

 

一般入試、センター試験利用入試において、複数の入試区分へ同時に出願・入学検定料納入をする場合は、「入学検定料(受験料)割引制度」が適用されます。一般入試とセンター試験利用入試を組み合わせて出願する場合も適用されます。一度支払いが完了すると、出願期間中に再度出願しても入学検定料(受験料)割引制度は適用されません。出願を確定する前に出願漏れがないか再度ご確認ください。

 

POINT3

1回の入試で3学科まで併願可能!

一般入試Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期では、大学子ども学部「子ども学科」「発達臨床学科」「家族・地域支援学科」と短大「保育科」の中で、第3志望学科まで選 んで出願できます。また、センター試験利用入試A日程、B日程、C日程では、大学子ども学部「子ども学科」「発達臨床学科」「家族・地域支援学科」の中で 第3志望学科まで選んで出願できます(短大はセンター試験利用入試を実施しません)。

合格者の決定は、第2、第3志望に関わらず学科ごとに成績順に行いますので、志望順位によって有利・不利は生じません。また、検定料は1学科分のみです。

 《第3志望学科まで選択した場合》

〈例①〉第1志望:子ども学科 第2志望:発達臨床学科 第3志望:家族・地域支援学科

〈例②〉第1志望:発達臨床学科 第2志望:家族・地域支援学科 第3志望:短大保育科 など

POINT4

地区入試・・・本学のほか、4会場で実施!一般入試Ⅰ期

一般入試Ⅰ期では東京(本学)のほかに、千葉(海浜幕張)、仙台(仙台市)、新潟(新潟市)、山梨(甲府市)の各会場でも受験できます。

地区入試会場詳細

 

 

POINT5

給付奨学金対象入試(一般入試Ⅰ期)を実施!年額24万円給付、返還義務なし!

一般入試Ⅰ期は、給付奨学金の対象入試になっています。申込資格を満たしている申込者の中から成績順位により10名の対象者を選考します。出願時に申請 し、合格発表時に支給の可否を決定・通知し ます(なお、給付奨学金は一般入試Ⅰ期以外に、入試種別を問わず入学後に申請することもできます)。

給付奨学金要項(一般Ⅰ期のみ)

POINT6

一般入試の試験科目に「書類(当日記入)」を実施します。

一般入試(Ⅰ~Ⅲ期)の試験科目に「書類(当日記入)」を実施します。本学のアドミッション・ポリシーに沿った、意欲、主体性、協調性(協働性)を問うもので、高等学校等で取り組んできた活動などについて答える内容です。

なお、センター試験利用入試では「書類(当日記入)」を行いません。

 

POINT7

センター試験受験(1/19・1/20)後も出願可能!

本学の全てのセンター試験利用入試が、センター試験(1月19日・20日)前はもちろん、センター試験後にも出願でき、自己採点結果を見て出願することができます。センター試験の成績を利用し、本学独自の個別試験は行いません。

POINT8

入学辞退者には、入学金を含む納付金を「全額返還」!

一般入試、センター試験利用入試での合格者が 入学手続きを行った後、2019年3月7日(木)16時までに所定の辞退届を提出した場合には、入学金を含む納付金を「全額返還」します。したがって、 国公立大学や他の私立大学との併願受験も安心です。指定日以降の辞退届提出の場合でも、入学金以外の納付金を返還します。

pagetop